イベントに警備を手配したい!手配す方法や警備内容を紹介します | 警備会社ガードマン手配:4千円~/1名1時間|ガードマン110番

コラム

イベントに警備を手配したい!手配す方法や警備内容を紹介します

イベントに警備を手配したい!手配す方法や警備内容を紹介します

イベントを開催する側にとって最も重要なことは、事故もなく安全にイベントを終了させることです。イベントをトラブルなく終わらせるためには、信頼のできる警備員を配属することが大切です。警備の仕事にはさまざまな業務があるので、警備員を雇う前に業務内容や配属方法を知っておいたほうが安心です。

人々の安全を守る大切な役割なので、信頼のできる人を雇いましょう。この記事では、イベントに警備員を配属するにあたって知っておいたほうがいい情報をご紹介します。以下の内容を参考にして警備員を決めることで、安心して任せられるでしょう。

イベント警備のお仕事はこんなに沢山!

イベントの警備の仕事内容は数多くあります。警備の仕事は巡回のみと思っている方も多いかもしれませんが、予想以上にさまざまな業務をこなしているのです。イベントの内容や施設によって業務は異なりますが、参考にしてみてください。

人の誘導や案内

イベントに訪れた人々の誘導や案内を行います。道に困ってしまっときに警備の人が助けてくれたという方もいるのではないでしょうか。道に迷っている人に道順を説明するなどの手助けをしているのです。また、来場客がスムーズに歩行できるように交通整理を行います。イベントは混雑することが多くケガをしてしまう可能性もあるので、誘導や案内の業務はとても大切です。

受付や荷物検査

イベントが室内の場合や入場規制がある場合は、入場の受付を行います。また、不審な人物が入場してしまわないように荷物の検査もしてします。金属検査やカバンの中をチェックすることで、不審者の侵入を防ぐことができるでしょう。トラブルを発生させないためには、あらかじめ不審な人物を入場させないことが大切です。

駐車場や道路の交通整理

車で来場した人がスムーズに駐車できるように誘導します。また、イベント会場周辺の道路の交通整理を行うことが大切です。道路はイベントとは関係のない一般の人も通ります。関係のないかたに迷惑をかけてしまうとトラブルにつながってしまうかもしれません。最悪な場合は、交通事故が発生してしまいます。来場客だけではなく、一般の人々にも配慮することが大切です。

見回り巡回

不審な人物がいないか巡回します。不審者を発見してイベントの主催者に報告をすることもひとつのお仕事です。怪しい行動をしていないか、トラブルの原因となることを行っていないかなどを確認します。警備のお仕事はこんなにもあります。どれもイベントを成功させるうえで大切なものです。また、以下のイベントに警備の人を配属することが多いでしょう。

  • ☑コンサート
  • ☑企業の入り口
  • ☑試験会場
  • ☑コンサート
  • ☑スポーツ競技場
  • ☑お祭りや花火大会
  •  

    特にお祭りや花火大会は、夏に行われることが多いので、毎年体調を崩してしまう人が多くみられます。来場客の体調を配慮することもひとつのお仕事です。

    イベントに警備を手配する方法

    イベントに警備を手配する方法

     

    業者に依頼する

    一般的には、業者に依頼するのが主流です。業者に警備員の配属を依頼するとイベントの警備を行ってくれます。警備員の配属を行っている業者は数々存在しており、業者によって費用や条件はさまざまです。比較的、費用はかかってしまいますが、警備会社のノウハウを受け継いだスタッフがくるので、アルバイトを募集するよりも安心です。

    警備員バイトを雇う

    アルバイトの従業員を雇う方法があります。学歴や資格は問わないので、未経験者を雇うこともできるのです。警備の仕事は、人々の命を左右する大切な役割です。そのため、事前に研修期間が必要と決められています。社員・アルバイト関係なく30時間以上の研修が義務づけられており、警備員指導資格を持っている人が、DVDの視聴や道具の使い方を指導する必要があります。

    しかし、興味本位で体験してみたい人や、未経験者の応募が多いため警備環境はいいとはいえません。警備現場には、資格を取得している人を1人配属する必要があります。身の回りに資格を持っている人がいない場合は、業者に依頼することになるでしょう。

    業者に任せた方がいい理由

    上記でも紹介しましたが、警備員の配属はアルバイトを雇う方法と、業者に依頼する方法があります。イベントに警備員を配属する場合は、業者に依頼したほうが安心です。なぜ業者のほうが安心して任せられるかを解説していきます。

    資格を持っている

    警備員の資格は国家資格で、1級と2級があります。何級を持っているかは関係ありませんが、現場に資格を持っている人物を1人配属しなければなりません。業者から配属される警備員は資格を持っていることが多いです。そのため、資格を持っている人物を探しやすいでしょう。検定内容はさまざまですが、イベントの警備員を雇う場合は「雑踏警備業務検定」や「交通誘導警備業務検定」を持っているとよりいいでしょう。

    知識が豊富

    警備員の仕事を専門的に行っている人が多いので知識も豊富です。現場の状況に合わせた的確な判断ができるひとも多いので、安心して任せられるのではないでしょうか。知識を持っている人ほど対応もスムーズに行えるでしょう。

    業者の選び方

    業者の選び方

     

    警備員を配属している業者はさまざまあるので、どの業者に依頼するか迷ってしまいます。信頼のできる業者を選ぶためのポイントをご紹介するので、参考にしてみてください。イベントを成功させるためには、信頼のできる業者を選ぶことが大切です。

    ☑自分の要望と条件があっている

    サービスの内容をきちんと確認しましょう。希望していた条件と一致していない可能性もあり、のちにトラブルになってしまうかもしれません。

    ☑見積もりを依頼

    業者に依頼する場合は、費用が発生します。見積もりを依頼しておくことで、おおよその費用を知ることができるので安心かもしれません。また、無料で見積もりを行っている業者もあるので利用してみるといいでしょう。複数の業者の費用を比較することができます。

    ☑警備会社の人の対応

    見積もりを依頼する際に警備会社を訪れたときは、会社の雰囲気や対応をチェックしましょう。相談を親身に聞いてくれて的確に答えてくれる業者は安心かもしれません。また、メリットだけでなくデメリットも教えてくれるとより信頼できるでしょう。

    まとめ

    イベントを成功させるためには、安心して任せられる警備員を配属することが大切です。警備の仕事はさまざまあり、どれも人々の安全を守る大切な役割をしています。警備員を選ぶときは慎重に決めましょう。警備員を雇う方法として、未経験者をアルバイトで雇う方法と業者に依頼する方法があります。

    アルバイトを雇うと人件費を調節することができます。しかし、アルバイト募集で従業員を集めた場合、未経験者が大半でしょう。安心して任せられるのは、業者に依頼する方法です。しかし、業者を決定する際に、費用が安いからとすぐに決めてしまうのはやめましょう。事前に業者について調べておくことが大切です。信頼のできる警備員とイベントを成功させましょう。

    0800-805-8461

    通話料無料 携帯電話 PHSもOK

    0800-805-8461

    24時間365日 日本全国受付対応中

    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    CM

    24時間365日サポートいたします

    通話料無料! 携帯電話・PHSもOK!

    0800-805-8461

    24時間365日、日本全国受付対応中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    • 無料相談はこちら

    選ばれる4つの理由

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。