コラム

交通誘導に免許がいる理由

警備員というのは、基本的に決められた研修や指導を受ければ誰でもなれる仕事です。しかし、一部の警備業務については、資格が必要になる場合があります。 その1つが、交通誘導です。 道路工事や建設現場の入り口などで、旗やライトを手にしてトラックの出入りを補助したり、その先で工事が行われていることを知らせたりする仕事ですが、もしも交通誘導を行う警備員が、誤って誘導をしたらどうでしょうか? 車同士が衝突したり、歩行者などに危険が及ぶのは十分に考えられることです。 また、誘導をうまく行わないと、交通渋滞を引き起こしてしまう事も考えられます。住宅街や市街地では、これが施工主にクレームとして連絡が言ったり、あまりにひどければ社会的な責任というものを取らなければいけない事もあるのです。 更に、車に対して交通誘導を行うので、自分自身の安全についても考えなければいけません。注意していないと、自分が事故の被害者になることも考えられます。 そういった理由から、交通誘導を行う警備員は、資格を有していないと行えないものなのです。 交通誘導の警備員を依頼するときは、必ず資格を有している人が来てくれるかを確認しておきましょう。

0800-805-7628

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7628

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

通話料無料! 携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7628

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。