コラム

交通整理の必要性

道路工事などをしている時、ガードマンが立っているのはよく見かけるとは思いますが、本当に必要だろうか、と感じている方も居るのではないでしょうか。
ガードマンを立てなくても、看板で道路工事をしているということは示しているから、運転者も気づくだろうと思うかもしれません。
しかし実際には通行車だけでなく、工事現場から出ていく車両の出入りもあります。大型車は死角も多いですし、狭い道の場合、何度か切り替えしながら現場へと入っていくことも多いと思います。
もし、通行車の運転者が、その時間を見誤ったとしたら、出入りをしている工事車両との出会い頭の事故に繋がるかもしれません。
また、歩道などの場合でも、歩道の真上での作業をしている場合もありますし、やはり車両の出入りに歩行者が巻き込まれたとしたら大変な事になります。
ガードマンを立てることは、工事中であることを示すとともに、出入りの誘導を行なってもらうことも可能ですから、万が一の事故を減らすことにも繋がります。
もし現在工事などを計画中でしたら、早めにガードマンの手配を進めることをおすすめいたします。

0800-805-7628

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-7628

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

通話料無料! 携帯電話・PHSもOK!

0800-805-7628

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。